開催スケジュール

  •  開催日程
    開催地
    締切
    募集状況
  •  【愛媛】11月15・16・17日
    松山市
    11月1日
    受講者募集中
  •  【徳島】11月29・30・12月1日
    徳島市
    11月15日
    受講者募集中
  •  【愛媛】12月13・14・15日
    松山市
    11月29日
    受講者募集中
  •  【東京】1月17・18・19日
    新宿駅付近
    1月3日
    受講者募集中
  •  【大阪】1月24・25・26日
    梅田駅付近
    1月10日
    受講者募集中
  •  【東京】2月14・15・16日
    新宿駅付近
    1月31日
    受講者募集中
  •  【大阪】2月21・22・23日
    梅田駅付近
    2月7日
    受講者募集中
  •  【東京】3月14・15・16日
    新宿駅付近
    2月28日
    受講者募集中

※会場の詳細については、お申込みいただいた方にメールでご連絡いたします。

※締切後でも受付可能な場合があります。お電話でお問い合わせください。

そもそもPCQIとは?

米国食品安全強化法(FSMA※1)103条の「ヒト向け食品に対する予防的コントロール」(PCHF※2)で義務づけられた予防管理有資格者(PCQI※3)のことです。

アメリカへ食品を輸出するための必須資格です。

弊社ではFSMAのFDA承認のトレーニングコースを受講することが出来ます。

PCQIを取得する対象者は?

  • ・対米輸出企業の品質管理担当者
  • ・対米輸出企業の食品安全チームの方
  • ・食品輸出入業者でサプライヤー管理を行っている方
  • FDA査察対応担当の方
  • ・最新の食品安全管理手法(HARPC)を学ばれたい方

いつまでに取得すればいいの?

年間売上100万ドル未満の場合

 2018年9月17日

年間売上100万ドル以上の場合

 従業員500人未満:2017年9月18日

 従業員500人以上:2016年9月19日

「スペック」のPCQIセミナー
4つの特徴

日程場所希望が可能

忙しくて遠方まで行けない方でも受講が可能です。
セミナーを受講したいけど開催場所が遠い…とお悩みの方は、ぜひご相談ください。

カリキュラム無理がない

よくある詰め込み型のセミナーではありません。
理解を深められるように、3日間という余裕のあるカリキュラムを設定しています。

資格取得後フォロー

弊社は食品衛生の専門家として長年の実績があります。
学んだことを実務に反映する方法や、お悩み事、なんでもお気軽にご相談ください。

資格を取らない場合安心

ご事情により資格の取得ができなかった場合でも、弊社の有資格者との顧問契約をご検討いただくことで、アメリカ輸出が可能です。

※ご相談・顧問契約については別途費用がかかる場合があります。

受講内容

  • ・食品安全計画の概要
  • ・cGMP(現行適正製造規範)とPRP(前提条件プログラム)
  • ・生物的ハザード
  • ・科学的、物理的、経済的動機によるハザード
  • ・食品安全計画を開発する準備
  • ・食品安全計画のためのリソース
  • ・ハザード分析及び予防コントロールの決定
  • ・工程の予防コントロール
  • ・アレルゲンの予防コントロール
  • ・サプライチェーンの予防コントロール
  • ・検証とバリデーションの手順
  • ・記録管理手順
  • ・リコール計画

開催時間

  • [1日目]9:00~18:00
  • [2日目]9:00~18:00
  • [3日目]9:00~12:00

※上記の時間は目安です。変更になる場合があります。

費用

[3日間集中コース]
120,000円+税

(テキスト、証書発行費込み)

※昼食は各自でご準備ください

受講のお申込み

お申込みの方に、セミナーの詳細についてご連絡します。

PCQIセミナー申込フォーム

参加希望セミナー 必須
お名前 必須
会社名 必須
部署名 任意
ご連絡先
メールアドレス
必須
ご連絡先
お電話番号
必須 - -
連絡事項など 任意

お問い合わせ

  • ・開催地や日程についての相談
  • ・PCQIについて
  • ・食品の輸出についての悩みごと
  • ・顧問契約について

…など、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせ

088-666-3339

受付時間:月〜金 09:00 – 17:30

メールでのお問い合わせ