開催スケジュール

  •  開催日程
    開催地
    締切
    募集状況
  •  【愛媛】2017年12月13・14日
    松山市
    11月12日〆切
    終了しました
  •  【徳島】2018年1月17・18日
    徳島市
    12月16日〆切
    終了しました
  •  【香川】3月13・14日
    高松市
    2月28日〆切
    受講者募集中

※会場の詳細については、お申込みいただいた方にメールでご連絡いたします。

※申込締切が過ぎていても受付可能な場合がございます。一度お問い合わせください。

そんな方のための、HACCPワークショップです

面倒そうな印象が先行していますが、
正しいHACCPの考え方、構築の仕方を学べば、
自分達だけでHACCP運用が可能になり、
最終的に会社の成長の後押しにもなります。
 
弊社のワークショップは
日本HACCPトレーニングセンター(JHTC)※によって
認定を受けています。
 

※日本HACCPトレーニングセンター(JHTC)は、国際HACCP同盟、全米食品製造協会、カナダGFTCなど
 国際的に活躍するトレーニング機関と連携し、国内の行政機関、大学・研究機関、民間機関との協働を図りながら、
 国際的な正しいHACCP普及・定着の推進をしている団体です。                       

HACCPが義務化されます

HACCP(ハセップ/ハサップ)とは、
Hazard Analysis and Critical Control Point
(危害分析と重要管理点)の略称です。
 
具体的には、食品の製造工程において
食中毒異物の混入が起きそうな部分を
あらかじめ特定し、継続的に監視する手法のことです。
 
HACCPは、食品衛生管理の国際基準です。
 
厚生労働省は2020年東京オリンピックを見据えて、
HACCPを全ての食品事業者に対して義務化
する方針を決めました。
 
本ワークショップでは、
HACCPについて、基礎から分かりやすく
演習形式で習得が可能です。

受講対象

食品安全チームのメンバー
食品製造会社の品質管理担当者
海外輸出を検討している方
6次化の認定を受けている生産者
食中毒や事故を未然に防ぎたい方

運用のメリット



社員の衛生管理に対する
意識が向上した
 
78.2%

社外に対して
自社の衛生管理について
根拠を持ってアピール
できるようになった
43.1%

製品に不具合が
生じた場合の対応が
迅速に
行えるようになった
37.7%

 
クレーム・事故が
減少した
 
32.3%

 
 
ロス率が下がった
 
10.1%

HACCPを求める事業者
(小売業者等)との
取引が増えた
 
9.7%

 
 
生産効率が上がった
 
9.0%

厚生労働省「HACCPの普及・導入支援のための実態調査結果」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000093102.html

ある無添加の食品を作っているメーカーが、HACCPを導入しようと活動を開始した。ここの製品は無添加だから日持ちがせず、それまでは4日しか持たなかった。しかしHACCPを導入してからは1週間持つようになった。もちろん原材料を変えることなく、添加物も加えていない。
 
なぜ日持ちがするようになったかというと、まず、工場内が衛生的になり、温度管理もしっかりするようになったので、単純に製品の細菌が少なくなったのである。
 
なぜ日持ちがしておいしくなったのかと聞かれるので、実はHACCPを導入したのだと答えると安心、納得をしてくれて、新規取引が急増した。
事例1 無添加食品メーカーの例

……工場の一部の動線とゾーニングを改善し、ラインの従事者28名を23名に減らせ、人件費の大幅なダウンが出来たと同時に、時間あたり800パックだった製造が何と1200パックと、5割もの大幅な増産となる。
事例2 菓子工場の例

山陰だけでの販売から全国への販売に拡大するため、古い工場を買って
一般的衛生管理の徹底とHACCPを導入した所、旧工場では絶対に無理だった販売先が納得し、一気に販路拡大が成功し、3年で売り上げが約10倍になった。
事例3 製菓工場の例

全国菓子工業組合連合会「低コストでの導入とHACCPの導入事例」
http://haccp.zenkaren.net/

「スペック」のHACCPワークショップ
5つの特徴

01.世界に通用する規格取得できます

・HACCP民間認証の条件である「16時間以上の教育」をクリアしています。
・国際HACCP同盟(IHA)の認定を受けているので、国際取引上で相手にHACCPを理解している事が伝えられます。
・日本惣菜協会による「S級惣菜管理士」認定のための研修としての要件を満たしています。
・厚生労働省による「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」に該当します。

02.短期間取得可能

当社のワークショップは、e-ラーニング集合学習を併用した効率的な学習方法です。
事前にe-ラーニングの基礎学習を学んでいただくことで、ワークショップの受講日数が2日間に。
e-ラーニングはスマートフォン・PC・タブレットPCなどを利用して、
ご自身のペース、好きなタイミングで受講が可能です。

03.自分の会社でワークショップが受けられる

開催地が遠い、まとまった時間が取れない…とお悩みのご担当者様。
弊社講師がお客様をご訪問してワークショップを行うことも可能です。
募集中の開催日程では都合がつかない場合にも、是非ご相談ください

04.一企業あたりの参加人数に制限なし

HACCP運用においては、各部署の連携も重要となります。
弊社のワークショップなら参加人数の制限が無いので、HACCPについて基礎から
チームメンバー全員で学ぶ
ことができます。
もちろん1名でのご参加もお待ちしております。

05.修了後のフォローも万全

弊社は食品衛生の専門家として長年の実績があります。
学んだことを実務に反映する方法や、お悩み事、なんでもお気軽にご相談ください。

e-ラーニング(事前学習:約6時間)

  • 1.HACCPの概観
  • 2.前提条件プログラム
  • 3.ハザードについて
  • 4.HACCP計画について

 
 

カリキュラム

[1日目]

9:00 講師自己紹介・アジェンダ・参加の目的

10:00 休憩(10分間)

10:10 HACCP原則1・2、書式A

11:00 昼休憩(60分間)

12:00 グループ演習等

15:20 休憩(10分間)

15:30 発表と討論

17:30 懇親会

[2日目]

9:00 HACCP原則3・4・5、書式B

10:00 グループ演習

11:00 休憩(10分間)

11:10 発表と討論

12:00 昼休憩(60分間)

13:00 HACCP原則6・7、書式C、グループ演習

14:50 休憩(10分間)

15:00 発表と討論

15:50 HACCPのメインメンテナンス

16:30 全体のまとめ、質疑応答、終了証授与

17:00 終了



※上記の時間は目安です。変更になる場合があります。
 
 

ワークショップ受講費

60,000円+税

※テキスト代・e-ラーニング・コーディネーター認定登録(JHTC会員登録)費用が含まれています。

※コーディネーター認定登録は3年毎に更新が必要です。

 
 

その他

※「訪問ワークショップ」は、5名以上での受講が条件となります。(旅費交通費別途)
 (他社様をお誘い上での参加ももちろんOKです)
※セミナーも規定人数に達しない場合は、中止になる可能性があります。

受講のお申込み

HACCPコーディネーター養成ワークショップ
お申込みの方に、セミナーの詳細についてご連絡します。

HACCPコーディネーター養成ワークショップ申込フォーム

参加希望ワークショップ 必須
お名前 必須
会社名 必須
部署名 任意
ご連絡先
メールアドレス
必須
ご連絡先
お電話番号
必須 - -
連絡事項など 任意

お問い合わせ

  • ・大きな食品工場も、中小零細企業も。
  • ・6次化の認定を受けている生産者も。
  • ・食品会社と取引のある会社(洗剤・包材等)も。
  • ・複数名で受講したい方も。

…など、お気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせ

088-666-3339

受付時間:月〜金 09:00 – 17:30

メールでのお問い合わせ


spec@spec-lab.net