食品細菌検査

食品細菌検査の目的

食品中には目には見えない様々な微生物が存在し、それらが食品の腐敗や劣化、食中毒等を引き起こしています。
食品の細菌汚染の状態を知ることにより、品質の向上や賞味期限の設定、食中毒の防止等に役立てることができます。

また、弊社では異物鑑別試験や、食品の栄養成分分析衛生管理など、お客様の状況やニーズに合ったご提案も可能です。
是非一度お問い合わせ下さい。

検査項目は食品衛生法に準じています。
弊社の検査項目・検査方法は「食品衛生検査指針 微生物編 2004年度版」に準じています。

検体について

1検体あたり200g以上(検体量が足りない場合、検査ができない場合があります)
パウチされているものは、未開封状態でご用意下さい。

検査料金(セット)

基本3項目セット

一般生菌+大腸菌群+黄色ブドウ球菌

追加オプションA
  • 大腸菌(E.coli):糞便汚染の指標として、加工品の検査に
  • O157:生肉や生野菜など原料の検査、また、それらの加工品に
  • サルモネラ属菌:生肉や鶏卵、それらの加工品に
  • 腸炎ビブリオ:魚介類やそれらの加工品、塩分濃度の高い食品に
  • カンピロバクター:生肉やそれらの加工品に(特に鶏肉)
  • セレウス菌:穀類の加工品などに(あんこや麺等)
  • ウェルシュ菌:
追加オプションB
  • 真菌(カビ):乾物やパン・ケーキ・ジャムなど、腐敗しにくい食品に
  • 真菌(酵母):乾物やパン・ケーキ・ジャムなど、腐敗しにくい食品に
  • 乳酸菌:発酵食品の品質管理や加工品の汚染源の特定に
  • 耐熱性芽胞菌:

:検査結果が、陽性または陰性の報告になる検査項目(定性試験)
大腸菌(E.coli),腸管出血性大腸菌O157,サルモネラ,腸炎ビブリオ,カンピロバクター,セレウス菌,ウェルシュ菌

検査セットは3項目のみでも、選べるオプション付きでもご依頼頂けます。
また、オプションは何項目でも追加可能です。
検査セットの追加オプションは、項目(AまたはB)によって値段が異なりますのでご注意ください。

価格は全て税込表記です。
検体が複数ある場合は割引がございますので、ご相談下さい。

検査料金(単項目)

大腸菌(E.coli)  糞便汚染の指標として、加工品の検査に
腸管出血性大腸菌O157  生肉や生野菜など原料の検査、それらの加工品に
サルモネラ属菌  生肉や鶏卵、それらの加工品に
腸炎ビブリオ  魚介類やそれらの加工品、また、塩分濃度の高い食品に
カンピロバクター  生肉やそれらの加工品に(特に鶏肉)
セレウス菌  穀類の加工品などに(あんこや麺等)
ウェルシュ菌 
真菌(カビ) 乾物やパン、ケーキ、ジャムなど、腐敗しにくい食品に
真菌(酵母) 乾物やパン、ケーキ、ジャムなど、腐敗しにくい食品に
乳酸菌 発酵食品の品質管理や加工品の汚染源の特定に
耐熱性芽胞菌:
各種細菌の同定試験 別途ご相談ください
カビの同定試験 別途ご相談ください
酵母の同定試験 別途ご相談ください

:検査結果が、陽性または陰性の報告になる検査項目(定性試験)
大腸菌(E.coli),腸管出血性大腸菌O157,サルモネラ,腸炎ビブリオ,カンピロバクター,セレウス菌,ウェルシュ菌

検体は200g以上ご用意ください。
検査項目数、検体の種類によっては200g以下でも検査可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

上記以外の細菌検査項目についてはご相談ください。
価格は全て税込表記です。
検体が複数ある場合は割引がございますので、ご相談下さい。

関連法規

食品衛生法および衛生規範における規格基準

詳細をまとめた微生物規格基準一覧ページをご覧ください。