異物鑑別試験

クレーム対応や混入経路の特定に

異物混入があった場合、速やかな対応が何よりも重要となります。


食品への異物の混入は、単に商品価値を下げるだけではありません。

もし混入していたのが有害物質等であった場合、訴訟となったり法的な処罰を受けたりする可能性もあります。


弊社では「異物が何であるのか」を調べ、「どうして混入したのか」をお客様と一緒に考えて、再発防止のお手伝いをさせて頂きます。

※各種検査のネット申込・各種用紙のダウンロードを行う場合は【1024×768ピクセル(XGA)以上】のパソコン環境からご利用下さい。