拭き取り検査

目に見えない菌がいませんか?

拭き取り検査は、調理・飲食施設の衛生状態を把握するための検査です。


調理器具や設備の細菌検査をすることで、目には見えない作業工程毎の衛生度が数値として視認化されます。

それによってどの工程に汚染の危険性あるのか、何の菌がいるのかを調べ、汚染を防ぐ方法をご提案させて頂きます。


拭き取り検査とATPの違い

検査法検査にかかる時間検査で分かること
拭き取り検査(培養法)培養に1~2日微生物の種類・量
ATP30秒以内に判定汚れの量

※各種検査のネット申込・各種用紙のダウンロードを行う場合は【1024×768ピクセル(XGA)以上】のパソコン環境からご利用下さい。