腸内細菌検査

食中毒や感染症の拡大を防ぐ

体内に病原菌を保菌している人が調理等を行うと、第三者に病原菌が感染し、食中毒が起きる可能性があります。

軟便や下痢等の症状がない保菌者(無症候性保菌者)の場合もあるので、定期的に腸内細菌検査を実施し安全管理することで、万が一保菌者が出た場合にも迅速な対応をすることが可能になります。


食品衛生法労働安全衛生規則(第47条)、 水道法(21条)、 などの法律・条例に関連する人々が、腸内細菌検査の対象者となります。


お取引先の例

飲食店、食品工場、幼稚園や保育園、公立・私立学校、ホテル・旅館、介護施設、水道関係の会社など




※各種検査のネット申込・各種用紙のダウンロードを行う場合は【1024×768ピクセル(XGA)以上】のパソコン環境からご利用下さい。