品質管理室のサポート

1 品質管理室業務とは

食品製造業における品質管理業務とは、以下のようなものがあります。

1.食品検査
微生物検査や官能試験、賞味期限を定めるための検査など、自社製品の食品検査業務です。
2.衛生管理、維持、向上
清潔に自社食品を製造するために、製造環境や使用する器具類・施設設備・食材・人などの衛生管理を行い、衛生状態の維持と向上を目指します。
3.コンプライアンスの管理
法令・通知などによる規格基準や設備基準を自社が下回ることがないように管理を行います。
4.クレーム対応
お客様からのクレームに対して、自社商品に非がある場合とない場合では対応がそれぞれ異なってきます
5.教育、指導など
製造業に携わる人に対しては、たとえば手洗いをしなさいと指導するだけではなく、なぜ手洗いが必要なのか等の目的意識を持たせる教育が重要です。

2 SPECができること

「食のお医者さん」として長年食品検査や品質管理に携わってきたスペックだからこそ、きめ細やかなサポートが可能です。

検査室の運営サポート

品質管理室担当者が検査を実施できるように、技術指導や外部精度管理を行います。

検証に関するサポート

検証方法・実験方法の作成など、品質管理業務を幅広くサポートします。

検査の実施

自社の品質管理室だけでは実施できない検査を、第三者機関として実施します。

その他の品質管理業務のサポート

異物の特定や原因の追求、従業員への教育など、品質管理業務を全面的にサポートします。

3 実例紹介

検証に関するサポート例(キャベツの千切りの場合)

step1 現状把握

まずは現状の細菌数の把握をすることから始まります。製造量にもよりますが、10〜20検体ほど検査が必要です。

step2 調理工程ごとに調査

調理工程ごとに細菌数を調査します。理想的な状況では細菌数は減少していくはずですが、工程に問題があると増加してしまいます。

step3 数値の解釈

細菌数の推移より、どこに管理点を置くべきか、どうすれば細菌数を減らすことができるのかを判断します。

例)
・洗浄工程の強化
・作業手順の見直し
・原料仕入れ先の変更など

step4 基準値の設定

目標数値を決定し、それを達成するための出荷時の基準値を設定します。
※ 例:配送後の状態で生菌数100万/g以下(非加熱惣菜の規格基準)

基準値は、喫食までの時間・配送温度・作業工程・原料の状態などから複合的に判断します。

step5 検証

設定した基準値で目標数値が守れているか、配送車の温度状況・気温の変動・原料の状況などを確認し、定期的に検証を行います。


お問い合わせ
株式会社 スペック
TEL.088-666-3339
spec@spec-lab.net